So-net無料ブログ作成

愛娘のために、冬が生まれた・・・ [Mythologyのみそ]

a.demeter.demorgan.jpg

前回、ザクロの時に少し触れたのですが、タイタン族の豊穣の女神デメテルは、
ゼウスの妹ながらその愛人となって、愛娘ペルセポネを産みました。

彼女は愛娘と二人、仲良く地上の楽園に暮らしていたのですが、ゼウスは何の断りもなく勝手に、
冥界の王ハデスとペルセポネの結婚を決めてしまいました。

a.demeter.kidnupping.jpeg

彼は大地の女神ガイアに協力させ、美しい水仙の花を咲かせ、ペルセポネを花で誘惑させます。
何も知らないペルセポネは、可憐で美しい水仙の花を夢中で摘みながら、森の奥深くに誘導されました。

すると突然、大地が避けて、黄金の馬車に乗ったハデスが姿を現すと、彼女をさらってしまったのです。  

ペルセポネがさらわれた話はこちら→ http://niki310.blog.so-net.ne.jp/2011-12-17

a.demeter.kidnupping2.jpeg

娘の叫び声を聞いたデメテルは、すぐに探しに来ましたが、すでにペルセポネは地下世界に連れ去られた後でした。何も知らないデメテルは、寝る真も惜しんで娘を探し、地上を駆け巡りました。
でも、どこにもいないのです・・・・。

同情した太陽に事の成り行きを教えられ、彼女は怒り、絶望します。
そしてそれから、神の世界のミーティングに参加することをやめるのです。

そして人間の女に姿を変えて各地を放浪し、ある国に神殿をたてて閉じこもります。
すると世界は何も実らない、不毛の冬になりました。

a.demeter1.jpg

愛娘をさらわれたデメテルの怒りは、ゼウスがいくら説得してもやむことはありませんでした。
そしてついにゼウスが折れて、ハデスのもとへペルセポネを返すよう使いを送るのです。

冥界を嫌ったペルセポネも母のもとへ帰ることを喜びました。
そしてつい油断して、冥界の食べ物を口にしてしまったのです。それがザクロ。
使者の国の食べ物を口にしたものは、死者の国へ戻らねばならない・・・・。

a.demeter2.jpg

だからせっかく再会できた母と娘はまたしても引き裂かれるのです。
でも今回はデメテルも頑張りました。

1年の3分の1だけ、ペルセポネは冥界で暮らす。そして残りは、母の元で暮らしてもよい。
これによって娘のいない間、母は悲しみに暮れて仕事を放棄するために冬という季節が生まれたのです。

ちなみに、神殿を建ててくれた人間の王に、そのお礼にデメテルは秘密の儀式をその息子に伝えました。
この秘儀を行うことにより、古代ギリシア人たちは、豊穣の女神の恩恵を受けることができると
信じていたそうですよ。

a.demeter3.jpg

さあ、きっともうすぐ、ペルセポネが地上に戻るときがやってくるのですよ。
大地の目覚める春は、デメテルの待ちに待った娘との再会の時であり、私たちにも、待ち遠しい季節ですね。

a.demeter5.jpg

美の女神アフロディテとペルセポネの花いくさはこちら→http://niki310.blog.so-net.ne.jp/2011-07-18

coucou♪(・ω・)ノ!(283)  ご自由に(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 283

ご自由に13

どん

なるほど。

そんな経緯で冬が生まれたんですね。

勉強になりました。
by どん (2012-02-27 05:45) 

とんちゃん

ザクロは冥界の食べ物だったんですね。
by とんちゃん (2012-02-27 06:07) 

楽しく生きよう

本当に春待ち遠しいです。
それにしてもnikiさんのブログでいろいろ教えてもらっていますが、ギリシャ神話の神様は色恋が好きですね。
by 楽しく生きよう (2012-02-27 08:02) 

Hirosuke

早く恋恋、お春ちゃん♪

by Hirosuke (2012-02-27 09:12) 

風太郎

ザクロはアダムとエヴァのリンゴに似ていますね。
by 風太郎 (2012-02-27 10:13) 

たいちさん

デメテルは、怒らすと怖い女神ですよね。私は絵画に強い興味ありますが、ギリシャ神話をテーマにしたものが多いですね。大変参考になります。
by たいちさん (2012-02-27 11:16) 

ぼくあずさ

拙ブログに「弄ばれた悲劇のギリシャ」を投稿したばかりでしたので、
余計に感慨深く拝見しました。
by ぼくあずさ (2012-02-27 13:58) 

nana_hyr

ゼウスが神々と人間を支配する最高の神、だということが
なんだかわからなくなりますw

神とはなんぞや~ってw
このお話がなければ冬がなかったのかと思うと、必要な出来事ではあるのですが・・・
by nana_hyr (2012-02-27 14:26) 

さきしなてるりん


はじめまして。ちょっと場違いかな。でも寄ってしまったんだもの。と拝見。少し、気分が高みに引き上げられたような。フフ。単純やね。
by さきしなてるりん (2012-02-27 15:47) 

JR浜松

こんばんは。

物語を知って名画を観たら最高ですね。
いつもながら、ためになります(^^。
by JR浜松 (2012-02-27 18:05) 

aya

女性って強いんですね、ゼウスを動かすとは。
そう思うと春って もっと待ち遠しい季節ですね、今年はちょっと
違った春の感じ方が出来ます、有り難うございます♪
by aya (2012-02-27 21:00) 

moritake

今夜は冷えますね。
ベルセボネ〜、カム、バーック!

by moritake (2012-02-28 00:03) 

tibita

はじめまして!!素敵!!
レイアウトが内容にマッチしていて、
絵画もたまにはよろしいですねえ。
by tibita (2012-02-28 16:21) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます