So-net無料ブログ作成

伝説の女教皇ジョヴァンニ8世 [l'histoires de femmes]

a.pj4.jpg

女性の教皇がいた、というと、ちょっとびっくりですね。
なにせ、時代が1400年くらい前の人物で、スキャンダルのために法王庁が17世紀にその存在を抹殺してしまったというので、実在したのか伝説なのかは、確かめようがありません。

よい治世であったとはいえたったの2年間でしたし、どのように生涯を閉じたのかも定かではないのです。

伝説はこうです。

a.pj9.jpg

9世紀、聡明な少女ジョヴァンナは、尼僧院にいました。
ここである修道士と出会い、恋に落ちます。
彼はジョヴァンナを男装させて自分の修道院に入れ、二人はしばらくの間、隣続きの部屋で暮らし、
秘密の逢瀬を重ねていました。

a.pj1.jpg

しかしある日、二人の仲が発覚してしまい、アテネへ逃避行するのです。
アテネではジョヴァンナの「修道士」としての博識が広く評価されるようになります。

a.pj2.jpg

そして彼女は野望を抱くようになります。
というか、もともと、男性と結婚して幸せになることよりも、学問を究めたいというのが幼いころからの彼女の夢だったのです。

彼女は恋人を捨てて、学問を究めるために単身ローマに向かいました。

a.pj3.jpg

ローマでもこれまた博識が認められて、聖マルティーノ学院で神学教授を務めます。
そして教皇が亡くなった時、神学教授だったジョヴァンナに次代の教皇の座が転がり込んだのです。

彼女は女であることを隠して、教皇ジョヴァンニ8世として即位しました。
「ジョヴァンナ」は女性の名前ですが、これを男性形にすると「ジョヴァンニ」です。

a.pj5.jpg

30代半ばになっていた彼女は、よい治世を行いました。
しかし、思わぬことが起こります。

法王庁の侍従の一人のある青年と関係を持ってしまうのです。
やがて彼女は妊娠し・・・・博識であっても、妊娠に関する知識は乏しかったようで、サン・ピエトロ大聖堂から
サン・インラテラ大聖堂へ向かう途中の路地で産気づいて、狭い路地裏で出産してしまったのですって。

a.pj7.jpg

ここからの伝承は様々で、

①生まれた子もろともに市中引き回しにされて処刑された

②この出産で死亡した

③全くの不明


うーん、確かに、法王が出産したらそれは仰天だけれど、出産は神聖なものだから、殺されるのはかわいそうです。法王庁を追放されて、どこかでひっそりと母子ともども暮らした・・・とでもしておいてほしいです。

伝説だ!!と言い張られることも多いですが、それ以降、確かに歴代の法王が参詣の際にこの路地をさけて通るという風習はあったそうです。

a.pj6.jpg

それに、歴代の法王の像が飾られている中で、レオ4世とベネティクト3世の間に、誰かの像が抜けていると言われます。女性の法王を否定した後世の何人かの法王たちによって、その存在自体が抹殺されたために、詳しいことがよくわからないのです。

a.pj8.jpg

たしかに、法王庁の最大のスキャンダルですものね・・・。

2009年にはこの法王をモデルにした物語から、アメリカとドイツ合作の映画『Pope Joan(法王ジョアン)』が
制作されました。



coucou♪(・ω・)ノ!(283)  ご自由に(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 283

ご自由に4

太陽の玉子

女性の教皇がいたことは全く知りませんでした。
何ともミステリアスなお話。
by 太陽の玉子 (2011-09-09 11:20) 

elzawild

テンペストにも似ていますね。
by elzawild (2011-09-09 12:25) 

たいちさん

伝説の女教皇ヨハンナの話は、大変興味ありますね。映画を観たいと思い調べると、日本未公開で、日本ではDVDも発売されておらず残念です。
by たいちさん (2011-09-09 13:50) 

ナツパパ

現代では、女性の法王がいても良いのに、なんて思います。
あ、カトリックの神父さんは妻帯できないからダメなのかなあ。
by ナツパパ (2011-09-09 20:47) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。